英語情報商材レビュー&評価

英語の情報商材レビューと評価英語の学習法や勉強法についての情報やTOEIC(トーイック)などの資格検定試験についての勉強法の情報をお届け!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
「自分のTOEICスコアにビックリ!」



なんとわずか2週間でTOEICスコアを平均200点以上アップさせている「TOEICの達人」の攻略法のうち、
リーディング攻略法が日本初公開されました!

⇒ TOEIC対策、TOEIC攻略法教材 - Score Up 1-2-3 for the TOEIC® Test -



このTOEICリーディング攻略法は、今まで合計360人以上の生徒たちのスコアを、
たった2週間で平均200点以上アップさせてきた「TOEICの達人」の攻略法です。

もしあなたがTOEICの勉強を長時間、または長期間勉強してきたにもかかわらず、
TOEICのスコアをなかなか上げることができていないのだとしたら、
今すぐにこの教材をチェックしてください。

今まではオーストラリアのクイーンズランド州に行かなければ教わることができなかった、
貴重なTOEIC攻略法です。


ただし、この教材でスコアを上げるためには、
1つだけ条件がありますので注意してください。

この特別な条件に当てはまらない限り、
「TOEICの達人」の攻略法を学んだとしてもスコアを上げることはできません。

その特別な条件とは・・・

あなたが日本人であることです。


今すぐにTOEIC攻略法をチェックする
⇒ TOEIC対策、TOEIC攻略法教材 - Score Up 1-2-3 for the TOEIC® Test -






スポンサーサイト
TOEICスコアをたった2週間で200点以上アップさせた?
一体どうやって?

信じられないかもしれませんが、
「TOEICの達人」と呼ばれるアンドリュー先生の攻略法を教わった360人以上もの生徒たちは、
2週間でスコアを平均200点以上アップさせています。

しかも彼らはTOEICのために毎日がっつり勉強していたわけではありません。

英語の勉強はしなくても2週間でTOEICスコアを上げることも十分に可能だという、
アンドリュー先生のTOEIC攻略法のうち、リーディング攻略法が遂に日本初公開です。

⇒ TOEIC対策、TOEIC攻略法教材 - Score Up 1-2-3 for the TOEIC® Test -



追伸

このアンドリュー先生のTOEICリーディング攻略法は、
今まではオーストラリアのクイーンズランド州に行かなければ受けることができなかった攻略法です。

わずか2週間でTOEICスコアを劇的にアップさせたいのであれば、
今すぐにチェックしてください。

⇒ TOEIC対策、TOEIC攻略法教材 - Score Up 1-2-3 for the TOEIC® Test -


リスニングパワーTOEICを30日聞き流すだけで英語耳になれる



日本人は、何で英語のリスニングが苦手なのでしょうか?

一言で言ってしまうと、日本人は、

英語を聞き取れる耳ができていないからです


言語学上、日本語と英語は、特に「音」の観点から見て
とてもかけ離れた言語です。

それはどういうことかと言うと、英語には日本語にない音が
たくさんあります。

日本語の基本的な母音が、「あ a い i う u え e お o」と
5つであるのに対し、英語の母音は全部で16個あります。

そして、子音に関しても、日本語の子音は10個ほど
しかないのに対し、英語には全部で16個の子音があります。

単純に考えても、日本語には、英語だけにしかない音がないので
日本人が英語を聞きとれなくて当たり前と言えば当たり前です。

そして、日本人が英語を聞きとれないのはもう一つの理由があります。

それは、日本語の周波数は、英語の周波数とかなり異なることです。

日本語の一番高い周波数が1500ヘルツであるのに対し、
英語の一番低い周波数が2000ヘルツなので、
日本語と英語の周波数では、交わるところがないのです。

以上の結果、日本人が英語を聞く時に、どういうことが
起こるかと言うと、日本人の耳に、日本語にない英語の音が
入ってくると、脳の中で日本語の似たような音で
置き換えてしまっているのです。

ですので、日本人が英語を聞く時には、英語の音が
耳に入ってこず、何か英語の音が聞きとれたと思った時は、
実は、ただ日本語の似たような英語の音が聞こえたと思った
だけなのです。

そして、英語を話す時にも、日本語の似たような音で英語の音を
置き換えて話そうとするので、カタカナ英語になってしまうのです。

では、言語上、日本語と全くかけ離れた英語を学ぶには
どうすればいいのでしょうか?

英語を聞きとるために、まず必要なことは、日本語にない英語の音を
身につけることです。

英語の音を日本語の音で置き換えてヒアリングするのではなく、
まずは英語の音を身に付け、英語の音として、聞き取れるように
なることが大事です。

英語の音が聞き取れるようになると、リスニングが上達するだけでなく、
発音もよくなり、そして、英語本来の音を聞き取れ、自分でも
発音できるようなることで、英語力はグングン伸びるようになります。

でも、英語の音を身につけると言ってもどうやって身につければ
いいのでしょうか?

日本人に英語や英語発音を20年間以上、教えているアメリカ人
言語学者のスコットペリー先生が、英語に伸び悩む日本人が
英語を聞きとれるようになるために、他の言語学者や科学者の
協力を得て、開発したのが、リスニングパワーです。

リスニングパワーを聞き流すだけで、日本語にない英語の音を、
英語の周波数で脳の中にインプットすることができます。

実際に、リスニングパワーを30日ほど使って学習していただければ
「英語が新しい音」として耳に入ってくる感覚を実感されること
でしょう。

英語はある時、いきなり聞こえるようになります。

その感覚を最短で得ることができるのがリスニングパワーです。

※ この英語CDの先行販売はもうすぐ終わってしまうようなので、
この英語CDを先行特別価格で手に入れたいならお急ぎ下さい。

リスニングパワーを先行販売特別価格で手に入れるにはこちらへ

リスニングパワーTOEICを30日聞き流すだけで英語耳になれる



もし、子供のころから

社会によって仕組まれた環境のせいで


英語を話す事ができない日本人が多いとしたら・・・

しかもそのせいで気が遠くなるほどの遠回りをしているから英語が

なかなか上達しないのだとしたら・・・くやしくないですか?


そんな日本の教育形態をくつがえすための本です。

あんなに高い金額を払ってまであなたはまだ駅前留学しますか?

→ いらない駅前留学!中卒の私が日本の教育形態を否定して、英会話スクールに通わずに1日たった30分、たった27日の勉強で初めてのTOEIC試験840点とったヨーロッパ式英語勉強法
英語がうんと楽しくなります
なるほど、なるほどの連続でした
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。